2010年06月07日

第17回例会 受賞者インタビュー

所沢トーストマスターズクラブこのコーナーは、所沢トーストマスターズの例会において、栄えあるベストスピーカーに選ばれた方に、スピーチを考えたきっかけ等をインタビューしたものです。

前回、今回とインタビューしてみて、早くも受賞者に共通点を発見! それは一体なんでしょう……?
第2回目に登場するのは、必殺 " コスプレ " スピーチクィーンです!
残念ながら今回はノーマルでしたが……(--;)

ーーーーーーーーーーーーーーーー
第17回例会 受賞者インタビュー

「チェンジ? チャレンジ!!」 / Y さん


Q 今回のスピーチを考えた「きっかけ」について教えてください

A これまで出会ってきた人に感謝の気持ちを表したいな、と思ったのがきっかけで「感動を与える」というテーマで考えました。ちなみに元々はコンテスト向けに用意していたスピーチだったりします。 


Q 準備はどのように、どのくらいの期間で行いましたか?

A 基本的にはいつもノートに思った事を書き溜めていて、それらを纏める作業が2日位ですね。纏める、と言うのが私にとってはとても大切で、これをやらないとなかなかスピーチを覚えられません。所謂「書きながら憶える」というやつですね。また、スピーチ内容に合った音楽を聴きながら、イメージを膨らませたりもします。  


Q 自身のスピーチに対する論評や感想を聞いて、何か気付いた事はありますか?

A 今回のスピーチは自分の体験談だったのですが、どこまで情報開示するか、つまり自分をさらけ出すかについてが難しいですね。あまりさらけ出し過ぎると、皆さん引いちゃうかもしれないし(笑)
それにしてもトーストマスターズでの気付きは大きいです。自分が変わるきっかけをくれたのもトーストマスターズですから。「本当に大事なものは、自分の近くにあるということ」に気付かせてくれた皆さんに感謝です!


Q 次回に向けての目標を教えて下さい

A 話し方や見せ方に、考えすぎなところを改善したいです。聴いている人に「あ、次どうするんだっけ?」と考えてるところが見えてしまうので、それを無くしたいです。できるだけ「自然にしゃべっている」様に見せたいですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

Y さん、ありがとうございました。
本当に「感謝の気持ち」が一杯詰まっていて、まさにスピーチとは「何かを伝えるため」にあるものだという事を再認識しました。

さて、受賞者の共通点とは……皆さんもうお分かりですね?
それは「日頃から思った事、気付いた事などを書き溜めている」こと。つねに周囲に感性のアンテナを張り巡らせるってことですね。かくいう私も早速、あの革命的な魔法のデバイスにネタを書き溜めていますよ!

さあ、Y さんの「感謝の気持ち」が一杯詰まった感動的なスピーチの内容についてはこちらをどうぞ!


posted by (所沢TMC) Tokorozawa TMC at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スピーチのヒント | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。