2010年08月08日

第 21 回例会(2010.8.1)

所沢トーストマスターズ猛暑というのか酷暑というのか、とにかく「夏!」ですね〜。
ちょっと外に出るとたちまち汗が吹き出てきます。

そんな中での、所沢トーストマスターズクラブ第 21 回例会。
真新しい建物がまぶしい所沢中央公民館で執り行われました。
司会を務めました私、T がその様子を書き込みさせていただきます。

今回は初の試みとして、例会にテーマを持たせてみました。ズバリ……

「英語禁止!」です。

ビールやチューハイを飲みながら例会のブレストというか、アイデア出しをしていて、ふと浮かんできたお遊びアイデアが、リアルになってしまいました。えー、そんなイージーな!と言われそうですが、所詮世の中はそんなもんです。

さて、司会が登場して「英語禁止!」ルールを説明すると、妙な緊張感が学習ルームに流れ始めました(笑)。なにしろ司会自らがルールを破るわけにもいかず、いきおい一言一言を噛み締めるような口調になってしまうのですからやむを得ません。

いざやってみると、英語を使わないトークは本当に難しいですね。普段いかに当たり前の表現になってしまっているか、実感できます。

ーーということで、ここからは「英語禁止!」でお届けしたいと思います!

所沢トーストマスターズさて、所沢名物「今日のおもしろ話」を担当してくださったのは S さん。

彼は仕事柄、オムツを取り替える名人(!)なのですが、お子さんが月齢を重ねていくごとに、オムツ替えが大変になっていく、というお話です。実は私も経験があるのでよくわかるのですが、1歳ぐらいになると赤ちゃんも力が強くなるんですね。お父さんも大変なんです。。。

会場に笑いが溢れて、場が暖まったところで、いよいよ 3 名の方々の「演説の部」です。

所沢トーストマスターズ「○○煙草の台頭」

最初の準備演説者として登場してくれたのは、S さんです。
演説の冒頭から、何やら怪しげな道具を取り出しました。何なのか全く想像できなかったのですが、彼は紙巻き煙草?の機械を持ち込んで説明をしてくれたのです。私は煙草を吸わないので全く知らなかったのですが、こうした煙草もあるんですねー。

ガチャン!と機械を操作すると、自分だけの紙巻き煙草が作れてしまうんです。じっくり聞いていると、細かいところで言い回しに気を遣っているのがわかりました。今回の S さんの演説課題は「表現方法」でしたが、その点をじっくり配慮されていたのだと思います。

所沢トーストマスターズ「初めての漫才」

ふたり目の準備演説者は、S さんです。
「初めての漫才」という題名に興味津々。笑いも込められて聞きやすく、そしてとても引き込まれる内容でした。彼は会社の「仕事」としての「余興担当」で大変苦労されているそうです(笑)多くの方がお持ちの、何げに深刻な苦労ですよね、私もわかります。同僚の方といろいろと工夫されて、身を削って笑いを取ろうとされた苦労のお話でした。
ーーさて、その顛末は?……会場みんなで大笑いしました!

所沢トーストマスターズ「地獄の説明会」

さて今回最後の準備演説は、N さんです。
演説の前に持ち運び型電子計算機と投影機材一式を準備し始めました。聞き手側も、何が始まるのかと興味をかき立てられます。やがて映像が白い幕に映し出され始まった演説は、お仕事でお客様相手に大画面を使用しながら売り込む説明会そのもの。なんだなんだ?と驚かされましたが、説明の形式だけでなく、声色も大胆に使い分け、身振りも大きく、我々はどんどん引き込まれて行きました。さすが!

所沢トーストマスターズ準備演説の部に続いては、即興演説の部です。

立川部会からお越しいただいた Y さんに担当していただきました。仮装の達人である Y さん(笑)、今回はなんと女子高生の制服を着てのご登場です!(注釈:立川も所沢演説部会も大変健全な組織です) Y さんが出したお題に沿って、指名された方が即興で演説するので、参加者はみんなドキドキです。。。

今回は変身、変化、化粧といった「変わる」つながりでのお題が出されました。さすが仮装の達人ですね。「 1 日だけなりたい人、モノはなんですか?」「今年、去年よりここが変わった!」「お化粧の仕方について」、という内容で 4 名の方々が、突然指名されたにもかかわらず、すばらしいお話をされていました。

休憩を挟んで「論評の部」に入りました。
3 名の準備演説者に対して、それぞれにどんなところが良かったか、また今後どんなことに気をつければいいか、などを各論評者にお話ししていただきました。例会全体の「総合論評」を担当いただいたのは、わざわざ川崎部会からお越しいただきました O さんです。細かいところまで意外な視点からのご指摘をいただき、聞いていてとても勉強になります。

所沢トーストマスターズさて、今回の表彰は!
即興演説は、響部会の O さん。
個人論評は、T さん。
そして最優秀演説賞は、N さん!!

今回はみなさん「英語禁止!」に大変苦労されていました(笑)
そんな中で参加者ぞれぞれに気づきがあったようです。私は、逆説的ですが、日本語を大切にしたいという気持ちがわいてきたような気がします。普段何気なく英語で表現していることが、日本語に置き換えようとすると表現が出てこない、そんなことに愕然としたのです。普段からきちんと日本語で、表現を練っていくようにしたいですね。これが今回の私の感想です。

さて、次回例会はまた特別なものになりそうです!
国際本部から正式に認められたお祝いに、式典と祝賀会を開催します。しっかり準備して、すばらしい式典にしたいと思います!


posted by (所沢TMC) Tokorozawa TMC at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。