2013年08月31日

第97回論評ワークショップ(2013年8月18日)

今回はワークショップ形式で"審査員"について、みんなで学んで行きましょう!という会でした。
そもそも"審査員"ってなに?いったいどーいうこと?

実はトーストマスターズでは年に数回"スピーチコンテスト"が行われます。
全国大会まで開催されるけっこー大規模なイベント。
その代表者を選ぶ為に、各クラブ内でコンテストを行うのですが審査員はなんと参加者全員!
クラブの代表を選ぶのにテキトーな事はできません。それなりの知識がなくては……。
という訳で、スピーチ審査とはどうあるべきかを学んでいこう、という訳です。

講師はベテランのTさん。
前半は講義形式、後半はモデルスピーチに対するグループディスカッションを行いました。
IMG_3176.JPG
大雑把にまとめると
右向き三角1スピーチを客観的に判断できるスキルを身に付ける

となると、どうなるか。
右向き三角1個々人の評価のバラツキが減り、公平な審査ができるようになる。
右向き三角1良いスピーチとはどんなスピーチなのか?を判断できるようになり自信のスピーチ向上につながる。

そのためには?
右向き三角1スピーカーの目的、目標を理解できるようになろう。

その為の方法論や聴く姿勢など、ここでは書ききれないほど盛りだくさんの内容でした。
IMG_3178.JPG
というわけで、ひじょ〜に為になるワークショップなども行っています。
是非、見学にいらして下さい(笑
posted by (所沢TMC) Tokorozawa TMC at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373587685
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。