2013年12月09日

第103回通常例会(2013年11月17日)

今日、第103回例会は、いつもとは別の会場、航空公園そばのミューズにて執り行われました。

司会はベテランメンバーのMさん。準備段階からいろいろと企画を立てて盛り上げようと努力してくださっていました。
例会冒頭で、会長や司会から挙げられたキーワードは「サプライズ」!みんな何かしらおもしろいサプライズをぜひお願いします、という無茶なお願いを言われて、メンバーは軽いパニック(笑)
最初に、新たに入会されることになったMさんをお迎えして、メンバーみんなであたたかく入会式をしました。真面目で前向きな新メンバーを加えることができて、とてもうれしくなりました。
あたたまったところで司会のMさんが、プログラムを読み上げます。なにかいつもと違う・・・順番を少し変えていただきました、これによって各メンバーの段取りも少しずつ変わって、ドキドキ感が増しました(笑)

準備スピーチは4本。最初はSさんのスピーチからです。
健康法に関するお話でした。トーストマスターズクラブでの経験はまだ浅いのですが、Sさんは雰囲気がとても落ち着いていて、見ていて安心感のある7分間でした。
2番目はKさん。「このぉー、××猫が!ー」、なんだかビックリするタイトル(笑)、真面目な雰囲気のKさんにしては、かなりのサプライズだったかもしれません。口にする言葉は大切、というメッセージはとても納得感の高いものでした。
お次はIさんです。「ちょいワル先生」、巧妙な語り口でIさんにとってとても印象深いある人物について語っていました。Iさんは入会当初から比較するとかなりスピーチ上達してます!最後まで引き込まれてしまいました。ボディランゲージも、多くはなかったですが効果的に使っていたと思います。
最後はOさん。ご自身の体験をつうじて、どのような心構えで主体的に将来のキャリアをきりひらいていくべきか、という力強いメッセージが込められたスピーチでした。タイトルはズバリ「キャリアショックに備えよ!」、うーん、これものめり込んで聞いてしまいました。

さて、つづいてテーブルトピックス。担当はクラブ内ではベテランといっていいYさん。いつもながらの独特な雰囲気を漂わせながら、淡々と「難しい即興スピーチのお題」を告げていました(笑)

今日は、実はスピーチに対する論評は、各スピーチの「直後」に行われました!いつもですと、聞いたスピーチに対するフィードバックは充分に検討する余裕があるのですが、今日はそんな余裕はまったくなく、各担当者はほぼ即興でフィードバックをしていました。当事者じゃなくてホントに良かった。。。
DSC_0313.JPG
posted by (所沢TMC) Tokorozawa TMC at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382296803
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。