2014年10月12日

第123回通常例会

季節もすっかり変わり過ごしやすい天候の中、15人のメンバーで例会を行いました。


今回の司会を務めるのは、前会長のSさんです。

Sさんは久々の司会にも関わらず、自信と安心感のある見事な司会ぶりでした。

さすが前会長!



ワークショップでは、CLマニュアルの活用について、副会長のOさんが講師を務めます。


≪トーストマスターズでは、コミュニケーションのマニュアルの他に、リーダーシップのマニュアルも用意され、それがCLマニュアルになります。トーストマスターズは、優れたリーダーになるためのクラブでもあります。≫


メンバーにCLマニュアルを活用してもらい、将来のリーダーを育成したいというOさんの思いが伝わる内容でした。

Oさんのクラブに対する貢献度には感心です!



準備スピーチの部では、3人がスピーチを行いました。


1人目は、Nさんです。

タイトルは「ハッピー自己診断」で、自分の心境を診断する方法について語ります。

@    楽しみな用事があるか?

A    お金を貯めて買いたいものがあるか?

を基準に心境を診断する方法には「なるほど」と思う内容でした。


2人目は、ベテランのAさんです。

タイトルは「辛党であって、辛党でない」で、辛党を交えて自己紹介をします。

辛党には2つの意味があるという問いかけから始まり、大好物の「もつ煮」を例に挙げて、自己紹介をしてしまうAさんは、さすがベテランと感じさせる内容でした。


3人目は、T内さんです。

タイトルは「ピークははるか先にある」で、自分の限界を作らずに自己成長をさせる考え方についてです。

ピークをはるか先に作ることにより、いつまでも成長して行きたいと考えるTさんの生き方には感銘を受けました。



続いてはコーナーは、テーブルトピックスの部です。

今回は、ビジネスの世界で起こる問題を投げかけ、スピーカーは解決策を「序論・本論・結論」でスピーチを構成することが求められます。

即興でスピーチをまとめることは、スピーチ能力を鍛えるだけでなく、ロジカルシンキングを養うトレーニングにもなります。

進行役のT岡さんは、聴き手が公正に審査できるよう審査用紙も準備されました。

T岡さんの企画力と入念な事前準備には脱帽です!



最後は論評の部です。

Sさん、T井さん、Kさんが論評をそれぞれ行い、スピーカーに対して良かった点と改善点を述べ、スピーカーに成長してほしいとの思いが伝わる内容でした。

≪相手の話しを聴く=傾聴すること、褒める=承認すること、改善点をアドバイスすること、により論評者は優れたリーダーとして成長していくこともトーストマスターズの特徴です。≫



お待ちかねの表彰です。


テーブルトピックスの最優秀賞は、Hさん。


最優秀論評賞は、Sさん。


ベストスピーカーは、T内さん。


表彰された方はもちろん、参加したメンバーの持ち味が発揮された見事な例会でした。


 toast0928.jpg

posted by (所沢TMC) Tokorozawa TMC at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406986088
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。